チョコチップピコのブログ

二人が好きすぎて、気がついたら、妄想ばかり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

消えた記憶 11



見るなと言われても、俺の視界にはチャンミンしか入らなくて。

息を切らしながら、おそらく、解しているチャンミンを不思議な気持ちでみていた。

もし、チャンミンが言ったとおり、俺がチャンミンと寝たことあるなら、チャンミンを抱けばこのもやもやとした気持ちが消えるかと思ったんだ。

チャンミンは、起き上がってた俺の肩を押し倒す。

その力は間違えなく男で、頬を赤らめながらも力強く俺を見つめる強い目は、シム・チャンミンに違いないのに、萎えることなく、立ち上がったそこに、チャンミンはゆっくりと腰をおろしていった。

「うっ……。」

「痛いなら、無理するな。」

だが、チャンミンは唇を噛み締めると、さらに深く俺を飲み込んでいく。

女とは違う締め付けに、すぐにでも、いきそうだ。

「はぁ……はぁ……大丈夫?」

俺より、よっぽど苦しそうなのに、不安そうな目で俺の心配をする。

「ああ。やばいほど、気持ちいい。」

それを聞いて、チャンミンはにっこりと微笑んだ。

こんな顔もするんだ。

俺はどんどん、チャンミンにひかれていく自分が怖かった。

それでも、チャンミンが動けば、あまりの快感に、何も考えることなく、熱は集中していく。

もう我慢できなくて、逆にチャンミンを倒した。

その瞬間、チャンミンの中から抜けてしまったが、一度火のついた花火が消えることないように、俺はチャンミンの中へと入り、激しく打ち付ける。

吐息と、汗と、打ち付ける音と。

今までセックスと何も変わらないのに、今までのとはまるで違う。

俺は我慢できず、最後の瞬間を迎え、チャンミンの中に出し尽くす。

「はぁ……はぁ……ごめん。」

「はぁはぁはぁ……。」声もでないのか、ただ首を横にふる。

その度に、涙が落ちていった。


スポンサーサイト
  1. 2016/01/11(月) 21:16:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

消えた記憶 10



チャンミンは少しずつさがり、ズボンに手をかけた。

「な、何をする?」

「ユノさんがして欲しいこと。」

「俺が?」

「苦しいでしょ?だしていいよ。」

チャンミンの手を止めようとしながらも、強くは拒めなかった。

その先を知りたい自分がいたから。

チャンミンは俺のものをそっと触れるとそこに愛おしそうに唇を近づけた。

「お、おい、やめろよ。」

「女性にされたことあるよね。」

「あ、ああ。」

「僕だと思わなければいい。」

「あっ……。」

一気に口内に含まれ、すでに高ぶっていたそれが、さらにはち切れそうになっていく。

頭ではやめてほしくても、体はチャンミンを欲していた。

同姓だから、それとも過去の俺を知り尽くしているからか、今まで記憶にあるものより、ずっと官能的で、すぐに、吐き出したくてたまらなくなる。

「お、おい。もう、やばいって。」

チャンミンの頭に手をかけて、それをとめようとしたが、その動きは激しくなり、我慢できず、口内へと出してしまった。

「ご、ごめん。平気か?」

満足げな顔を見せると、にっこりと微笑んだ。

「平気だよ。してたことだもん。」

だが、チャンミンはそれだけにとどまらなかった。

目の前で自慰行為を始めたのだ。

だが、俺が知る自慰行為でなかった。

「そ、それは?」

「お願い……恥ずかしいから……目を、閉じていて。」

頬を赤らめたチャンミンはとてつもない色香を放っていた。

  1. 2016/01/07(木) 07:36:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。