チョコチップピコのブログ

二人が好きすぎて、気がついたら、妄想ばかり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天国から来た悪魔 15



今、俺の上で上下しているチャンミンを不思議な気持ちでみていた。

体を反らし、倒れそうになるチャンミンの手を握る。

指を絡めて。

ここまでなら、女ともしていた。

そして、その腕は白く細かった。

だが、今、俺の上で揺れているチャンミンの腕は、筋肉で筋がみえる。

こんなこと普通なら突き飛ばして、嫌がってもいいはずなのに、今、俺は女のときより感じてるし、ドキドキしている。

いつもどこか覚めていると言われたこともあった。

確かに、完全には溺れない自分に、恋愛に関しては、冷静なタイプなのだと思っていた。

だが、今、俺を呑み込んでいるこいつに、もっと喘がせたい、もっと感じさせたいとさえ思っている。

初めから、俺はバイの素質があったのか?

いや、違う。

こいつだからだ。

こんな顔して俺をみるからだ。

汗が流れてきた。

握りあってる手も汗ばんでいる。

それでもその手を離さず、反動をつけるかのように上下させていた。

「ハァ……イク……うっ……んあぁぁぁぁ……」

チャンミンの内壁がきゅっと締まると俺の愛液が、チャンミンの中に放つ。

「うっ……おおおおお……」

チャンミンは動きをとめ、俺の上に倒れる。

すごい汗と息遣い。

「ごめん、ベタベタだね。」

チャンミンの放ったものが、俺のお腹から胸の辺りにまでかかり、汗と愛液で、あまりいい香りとはいえないものが充満してるのに、チャンミンの中に入ってる俺のものはまだ萎えてなかった。

それどころか、もっと喘がせたくなっている。

「体位変えていいか?」

「いいよ。」

繋がったまま、チャンミンをさっきの状態のように上に起こす。

体にあった白濁が流れていくのがわかった。

「ソファーよごしちゃうよ。」

「布じゃないから平気だ。あとで拭けばいい。」

「女ともここでやった?」

「どうかな?」

ああしたさ。濃厚なやつをね。

でも、もっと濃厚なやつをここでしてやるよ。

「ふふふ、嬉しいな。」

「何が?」

「僕のことだけ見てくれてるから。」

そうか、おまえにとって、セックスは寂しさを紛らわせるものでもあるのか。

そんなチャンミンが切なくて愛しかった。

俺は上半身を起こし、チャンミンを抱き締める。

「ああ、おまえだけをみているよ。」

チャンミンは嬉しそうに、俺の頬を両手ではさんだ。

「キスしていい?」

「ああ。」

キスがどんどん深くなると、俺のものがチャンミンの中で大きさを増してきた。

顔が離れたとき、頬を紅潮させ、目がトロンとしている。

「そんな顔されたら、もっとしたくなる。」

「して。」

チャンミンを倒し、足をあげ、俺のものを挿入していく。

「うっ……ぬぁ……」

愛液が動く度に流れ出ていく。

ねちゃねちゃといやらしい音をたてる。

視覚、聴覚、そして、感覚……すべてが今までしてきた行為とは比べ物にならない。

その理由がそのときはわからなかった。

スポンサーサイト
  1. 2015/01/29(木) 00:24:54|
  2. 天国から来た悪魔
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天国から来た悪魔 14



キスはどんどん深くなる。

「はぁ……はぁ……」

やっと唇を離すと、互いの唾液が糸のようにつらなる。

「ねぇ、しよう。」

「ああ。」

これは、酒のせいだ。きっと夢に違いない。
甘い夢。

俺は、貪るように、首筋を舐め回した。

チャンミンはそのあいだに甘い吐息を漏らしながら、少しずつ服を脱いでいく。

胸は、あきらかに筋肉の膨らみで、先にある突起はあまりに小粒で、女のものと違う。

舌で転がすと、体を震わせた。

その反応がもっとみたくて、少し強めに吸い付く。

「あぁぁぁぁ……。」

背筋を反らして、感じてる。

だが、俺のお腹を押し上げてくるここは、雄であり、女とは違う。

「どうしたの?」

動きが止まった俺を見つめる。

「どうしていいか、わからない。」

「男とは、初めてか……。ねえ、ローションある?」

俺の目線の先には彼女が置いていったもの。

「これ、借りるね。」

チャンミンは、起き上がり、ズボンを脱ぎ、全裸になる。

細いが、筋肉もついていて、華奢な体とはいいがたい。

だが、なぜかその体をみても萎えることはなかった。

その体に早く触れたいとさえ、感じたのだ。

ローションを手にたっぷりとたらすと、自らの秘部に指を埋め込む。

「んん……はぁ……んっ……」

後ろでの自慰行為をしてるのを目の当たりにして、俺は息を飲む。

感じてるのか、どんどん喘ぐ声が大きくなっていく。

「あぁ……はぁ、はぁ……んん……」

反りたつものからは、先走りも滲んでる。

「あぁぁぁぁ……」

いったのか?

これ、聞いたことがある。

空イキってやつか?

ソファーに座る目の前で、その行為を目にした俺はただ呆然とみていたが、息を荒げたやつが、俺の体を押し、横に倒す。

「よかった。萎えてないね。」

チャンミンはベルトをはずし、チャックをさげた。

押し上げていたそこが解放される。

「口に含んでもいい?」

「えっ。あ、ああ。」

女としたことがあるが、それはまた違った。

男だからこそ感じる場所を熟知していた。

「うっ……」

声を我慢する俺をちらっとみると、嬉しそうな表情を浮かべる。

「うっ……は、離せ……いきそうだ。」

解放された俺のものは、チャンミンの唾液で、べたべただ。

「ゆっくりいくからね。」

俺に跨がると腰を下ろしていく。

「んん、う……あぁぁぁぁ……」

初めてのそこは、狭く、すでに搾り取られそうだった。



  1. 2015/01/27(火) 08:00:00|
  2. 天国から来た悪魔
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンブラン 20


「ハァ……ハァ……ハァ……ンン……ねぇ、やめて。」

いつの間にか、外気に触れたそこは、熱い口内をいったり来たり。

「やめていいの?もうここは、やめてほしくなさそうだけど。」

手で扱かれながら、先の割れ目に舌が這う。

「もう、こんなにも溢れてるのに、やめたい?」

いきそうなのに……意地悪だ。

「どうする?やめてもいいよ。」

根元を押さえられる。

「ああ……やめないで……」

結局は僕は、意思が弱い。

ユノに翻弄されてばかり。

プラモデルの手はとまり、熱が集中するそこに、全ての神経が集まるようだ。

椅子からずり落ちそうになるくらい、前にきている。

「やっぱり、やめた。」

「えっ?」

ユノは僕から離れる。

熱を出したい僕は途方にくれてしまう。

ユノは本当に部屋を出ていってしまった。

「なんだよ。もう……。」

情けないけど、このままでは、苦しくて……。

こんなとこでしたくないのに……。

自分で扱くなんて、いつ以来だろう。

いつもユノが満足させてくれるそこは、僕の手では物足りない。

ユノじゃなきゃ。

僕はユノに突き上げられるときを想像していた。

ユノの腰の動きに耐えられなくて、恥ずかしいほど声をだしてしまうんだ。

そのとき、すでに僕は声を漏らしていた。

あと少しのところで、ドアが開く。

「一人で遊んでるの?」

恥ずかしくて、慌てて隠そうとしたくても、さっきユノがずり下げたずぼんは、足首のところで止まっている。

「見るなよ。」

「なあ、一人でするの楽しい?」

「嫌に決まってるだろう……ユノじゃなきゃ……」

ユノは僕に近づき、唇を合わせた。

激しいキスは唾液が口許から溢れるほど。

やっと離されると、

「これをとりにいってたの。この部屋にはないだろう?」と、ボディーローションを見せられる。

「どうする?一人でするのと、俺と遊ぶのと。」

「して……ユノとしたい。」

僕を椅子からたたせると、そこにユノがすわった。

僕はユノを跨ぐように座る。

たっぷりとローションを臀部に垂らすと、すべりをよくした指がはいってくる。

「んぁぁぁ……」

我慢できずに、高い声が漏れる。

「いいな。その声。」

指で掻き乱されるたびに、あり得ない声が僕の口から漏れてくる。

「なあ、一人より二人の方がいいだろう?」

「う、うん、あ、あ、ぁぁぁ……やぁ……」

指は増やされ、僕の先端からだらしなく白濁が漏れだした。

「俺も我慢の限界だ。」

ユノは、熱が集中し、筋ばった大きなものを取りだすと、僕の秘部に当てた。

「繋がりたい?」

「うん、入れて……入れて、ああああ……」

圧倒的な質量が体の中に割り入ってくる。

軋むほど痛み。

だが、すぐに快感へと変わっていく。









※ここまで……すみません。お目汚しで。

ああ、下手くそだ

  1. 2015/01/20(火) 00:29:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

MIROTIC 41



キスだけで終わらなかった。

その手は、僕の服にするりと入ってきたのだ。

「ねぇ、だめだってば。」

「これはお仕置き。あいつに色目使ったから。」

「そんなことしてないよ。」

「チャンミンは、誰のものかわからせないと。」

胸の先を摘ままれ、声がもれそうになる。

「ユノ……だよ。僕はユノさんのものだよ。」

「いい子だね。」

服は捲り上げられ、胸の先を舐められる。

「ひゃ……だめだよ、ここじゃ。」

「今日、何、期待してきた?」

「そんなこと……あっ……考えてな……」

「そう?ここは、もうこんなになってるのに。」

服の上から熱を揉まれる。

もうそこは開放をまっていた。

すこし扱くだけで、先走りが滲んできそうだ。

「やぁ……だめだって……」

「そう、残念。」

ユノさんの手が僕から離れた。

すぐに不安になる僕は、ユノさんにしがみつく。

「ごめんなさい。」

「いいよ。」

「お願い。好きにしていいから。」

「こんなとこで?」

「うん。ユノさんになら……」

「いい子だね。でも、今日はだめだ。送ってくよ。」

「いい……一人で帰れる。」

「日曜日は塾?」

「テストだから、早く終わる。午後にはこれると思う。」

「待ってる。」

僕は名残惜しくて、ユノさんに抱きつく。

「好き。」

「ああ。」

こういうときにこの人は言ってくれない。

俺も好きだよって。

それだけで、安心するのに。

まるで、不安な僕の心をもて遊んでいるようだ。
  1. 2015/01/19(月) 08:28:36|
  2. MIROTIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Fatal Attraction 13


いつもの場所からローションをとりだした。

両足をあげ、秘部へと垂らす。

プスっと、ユノの指が入り込む。

一瞬感じる痛みと違和感。

でも、すぐに僕の好きなところへと到達し掻き乱す。

「はぁ……はぁ……ユノ……。」

その太い二の腕にしがみついた。

爪のあとがつくほど……。
こんなときにも、自分がしたたかで、嫌になる。

「あっ……あぁぁ……」

指はさらに増やされた。

「ねぇ、きて……ユノのが欲しい。」

「ちゃんとほぐさないと、後が辛いぞ。」

「いい、それでも……あぁ……早く……んん……」

今は、痛いくらいがいい。

あいつを忘れさせて。

僕の体に、おまえは、俺のものだって、打ち込んでよ。

「うっ、わぁぁぁ……」

「ほら、だから、言ったこっちゃない。」

ユノが抜こうとするから、足を絡ませた。

「平気……平気だから、もっと深く。」

痛いくらいの方がいいんだ。

もっと、痛くして。

ユノは、浅いところで、ゆっくりと抽挿を繰り返す。

そして、僕の感じるところを何度も突き上げていく。

「ユノ、ユノ……あああ……いい……」

「どうした?いつもより、感じてる?」

声を殺して、感じるのを嫌がる僕と、全く違う今日。

すでに、前からトロトロと、白濁が漏れでている。

「チャンミン、好きだ。」

「うん……うん……はぁ……」

ユノの動きが速さをまし、さらに奥へと突き上げる。

もっと、もっと突き上げてよ。

壊れるくらい、抱いて欲しい。

いったのは、僕が先。

ユノのを締め付けると、ユノから、低音の唸り声が聞こえた。

この声を耳元で聞くのが好き。

ユノは果て、僕の上に倒れ込んだ。

唇に軽いキスをする。

珍しく、ユノが汗をかいていた。

「体、大丈夫?」といつものように僕を気遣う。

「うん。」

「シャワー浴びないとな。」

「一緒に入る。」

「どうした?いつもなら、ついてくんな!って怒るくせに。」

「今日は一緒がいい。」

女みたいに甘えるのが、好きではないが、今日はそうしたかった。

「しょうがないな。」

そう言いながらも、笑顔で、僕を包み込むように抱き上げる。

「駄々っ子だな。」

「いや?」

「嫌なもんか。素直でかわいいよ。」

ねえ、もっと素直になるから、
もっと、いい子になるから、
どうか、どうか捨てないで。
  1. 2015/01/15(木) 23:52:48|
  2. Fatal Attraction
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

B型の恋人 141


※し⚪⚪様から、そろそろユノが可愛そうなのでなんとか先にとリクエストいただいたので♥




「ユノ先輩、お肌のお手入れしてる?」

「してないよ。」

「なのに、みて!この白さ!僕なんか、すぐに焼けちゃうし。バスケ部だから、室内なのに何で浅黒いの?とか言われるし。
子供のときのあだ名がシコモンスだよ!シコモンス!!」

「ぷっ」

「笑った!」

「笑ってない、笑ってない。」

「目が笑ってるもん!!」

「でも、この肌のキメの細かさは、すごいよ。俺の肌触ってみて。」

と、俺の肌を触らせる。

「今度は自分の触って。」

「あ、そんなに変わらない。」

「いや、むしろチャンミンの方がすべすべだろう?」

「そうかな。」

「ちょっといい?」

「うん。」

脇腹あたりをなぞる。

「あっ……」

「どうしたの?」

「な、何でもない。」

「もしかして、少し感じた?」

「そんなこと……」

「ない?恥ずかしがらないでいいよ。」

「ほんの少しだけ。」

「じゃあ、もう少しだけ触らせてよ。」

「えっ、あ、うん。」

脇腹からあげていって、胸に近いところでとめる。

「どう?何か感じる?」

「ま、まだ、平気みたい。」

「もう少しね。」

胸の先端のまわりをそっとなぞる。

「あっ……」

「どう?感じた?」

「う、うん。」

「もう少しだけ、ね?」

俺はねだるように甘くお願いを試みた。

「う、うん……。」

今度は胸の先端にそっと触れる。

「はぁ……」

「ごめん、これ以上はだめ?」

出来る限りの優しい声でささやくと

「え?あ、ううん。もう少しなら我慢できるかも。」

  1. 2015/01/15(木) 07:57:54|
  2. B型の恋人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


※し⚪⚪様から、そろそろユノが可愛そうなのでなんとか先にとリクエストいただいたので♥




「ユノ先輩、お肌のお手入れしてる?」

「してないよ。」

「なのに、みて!この白さ!僕なんか、すぐに焼けちゃうし。バスケ部だから、室内なのに何で浅黒いの?とか言われるし。
子供のときのあだ名がシコモンスだよ!シコモンス!!」

「ぷっ」

「笑った!」

「笑ってない、笑ってない。」

「目が笑ってるもん!!」

「でも、この肌のキメの細かさは、すごいよ。俺の肌触ってみて。」

と、俺の肌を触らせる。

「今度は自分の触って。」

「あ、そんなに変わらない。」

「いや、むしろチャンミンの方がすべすべだろう?」

「そうかな。」

「ちょっといい?」

「うん。」

脇腹あたりをなぞる。

「あっ……」

「どうしたの?」

「な、何でもない。」

「もしかして、少し感じた?」

「そんなこと……」

「ない?恥ずかしがらないでいいよ。」

「ほんの少しだけ。」

「じゃあ、もう少しだけ触らせてよ。」

「えっ、あ、うん。」

脇腹からあげていって、胸に近いところでとめる。

「どう?何か感じる?」

「ま、まだ、平気みたい。」

「もう少しね。」

胸の先端のまわりをそっとなぞる。

「あっ……」

「どう?感じた?」

「う、うん。」

「もう少しだけ、ね?」

俺はねだるように甘くお願いを試みた。

「う、うん……。」

今度は胸の先端にそっと触れる。

「はぁ……」

「ごめん、これ以上はだめ?」

出来る限りの優しい声でささやくと

「え?あ、ううん。もう少しなら我慢できるかも。」

  1. 2015/01/15(木) 07:56:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

I know 44


突き上げる度、怖いのか、俺の背中にしがみつく。

チャンミンの中に、俺のものがきつい内壁を押し入り形どっていく。

まるで、二人の間にあった隙間を埋めていくように。

「はぁ……はぁ……チャンミン、愛してる。」

その言葉に、俺の下で頷くおまえがたまらない。

抱くのは初めてじゃないのに、どうしてチャンミンを抱く度、ときめくのだろう。

まるで、初めて、体を重ねたように。

きついそこに、楔を、うちこむように激しく突くと、チャンミンの声がさらに高くなる。

「俺を……感じて……」

余裕がなくなってきた俺は、挿出の早さを増すと、揺れるチャンミンの頬から汗と涙が飛び散った。

「あぁぁ……ユノ……」

チャンミンの口から俺の名前が聞こえると、我慢できず体内に解き放ってしまった。

「はあ……はあ……」

まだ、離れたくなくて、そのまま、チャンミンの上になだれ込む。

「大丈夫?」

「うん。」

「痛くなかった?」

「うん、幸せだよ。」

「ああ。」

「ずっと、繋がりたかった。」

「俺もだ。」

チャンミンが俺の唇にそっと唇を重ねる。

「夢みてたの、このときを。」

「うん。」

「あなたに埋め尽くされるのが夢だった。」

その言葉に、俺の熱は、また熱さをます。

「あっ……」

「責任とれよ。」

向きをかえ、チャンミンを上にのせた。

「動いて。」

「えっ、でも。」

下からおおきく突き上げた。

「いやぁ……」

チャンミンの腰をもち、体を上下させる。

細い腰。

壊れてしまうのではないだろうか。

やがて、チャンミンは、自分の好きな場所にあたるように、体を動かす。

乱れて泣き叫ぶその姿に俺の熱はなかなかおさまらなかった。

やがて、ちからつき、倒れるチャンミンの体をうつぶせにし、腰をあげると後ろから無理矢理押し入った。

すでに、何度めかの放出で、抜き差しするたび、白濁が、チャンミンの中から流れ出る。

滑りをよくしたそこは、潤滑油となり、俺の動きをはやめた。

チャンミンからは、もう、声が聞こえない。

おそらく意識を飛ばしたのだろう。

その中に、最後の放出をすると、やっと、離れた。

  1. 2015/01/04(日) 22:57:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MIROTIC 31


「ほら、入れてみなよ。」

あなたの言葉に戸惑う。

それでも、僕は嫌われたくなくて、ローションをとりだし、自らを解し始めた。

ユノさんは、目の前で、それを冷静にみつめる。

以前ならこんな屈辱的なことをする自分なんて想像できなかった。

でも、今は、嫌われたくない、愛されたい、その一心で、あなたの言葉に従う。

完全にあなたの奴隷だ。

それは、あなたが望んだことではない。

僕自信が望んだこと。

あなたの前で、前立腺あたりを擦りあげ、よがる自分に情けなくて、涙がでてきた。

ここまで、僕は堕ちてしまった。

あなたに……。

あなただからだ。

少しほぐれてきたそこに、あなたの熱をあてがう。

ゆっくりと腰をおろしていくと、まだきつくて、皮膚が破けそうだ。

「つっ……」痛い……でも痛いなんて言わない。

そんな言葉をあなたが耳にしたら、きっとやめてしまう。

「どうした?苦しいのか?」

優しい声で問いかける。

「全然……」

嘘……苦しくて痛くてたまらない。

「うっ……」

さらに体重をかけて、腰をおろしていく。

ミシミシと張り裂けそうだ。

声をだすまいと、片手で口を塞ぐ。

苦しい、痛い。

「辛いか?」

首をよこにふる。

だが、まだ半分も入らないとこで、ユノさんに腰をもたれると、抜かれてしまう。

「どうして?」

「おまえが辛そうなのみたくない。」

「そんなことない。大丈夫だから、やめないで。ごめんなさい。やめないで。」

泣き叫ぶ僕にユノさんはあきれてしまうだろう。


  1. 2015/01/03(土) 20:27:02|
  2. MIROTIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。