チョコチップピコのブログ

二人が好きすぎて、気がついたら、妄想ばかり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

blind love 41


たがいの出した体液を指ですくい、後孔へと埋め込んでいく。

「うっ、、、あ、、、」

「痛い?」

「い、、、たく、、、ない、、、はぁ
、、、うっ、、、」

「やめましょう。」

指を抜こうとすると、腕をつかみ、

「だ、め、、、命令、、、だ、、、おまえが、、、ほしい、、、」

苦しそうな表情が俺を煽る。

「わかりました。やめませんよ、もう。」

「ああ、、、うっ、あ、あ、、、」

優しくなんかしてやらない。

犯すように抱いてやる。

憎くて可愛い人を、、、。

指を増やし、何度も抽挿を繰り返すと、ほぐれてきたのか、表情が柔らかくなり始めた。

だらしなくたれたよだれを舌でかき集め、下唇を軽くかむ。

「あ、あ、はぁ、、、あ、ん、、、、」

淫乱に腰をふり、俺を待ちわびる。

指を抜くと、背筋が仰け反り、顎を上にむけた。

すぐに昂りをあてがい、迷うことなく捻込む。

「うあ、、、」

きつい、、、かなり、狭い。

再び、苦痛の表情を浮かべるが、迷うことなく打ち込んでいく。

「ん、あ、あ、、、あああ、、、ハァ、、、」

「おまえなんか、、、嫌いだ、、、」

チャンミンは首をたてにふる。

わかってるというように。

「な、のに、、、どうして、、、うっ、、、」

これは媚薬。
なにか飲まされたに違いない。

こんなにも愛しくなるなんて。

おまえの全てが愛しくて、こんなにも切なくて、、、脳と心がバラバラだ。

愛してはいけないのに、わかっているのに、チャンミンの媚薬は俺のすべてを侵していく。

最後のときを放つまで、壊れそうなほど激しく打ち付けて、狂った気持ちをぶつけていく。

「う、う、チャンミン、、、ん、あああ、、、」

脈打ち、すべてを解き放つとき、チャンミンの声がすでに聞こえなくなっていた。

荒く弾む息がおさまるまで、チャンミンの体の上にのしかかる。

「はぁ、はぁ、、、チャンミン?」

返事がない。

ずるっと抜き取ると、白濁が赤く染まっていた。

かなり、出血している。

乱暴にしすぎたようだ。

「ごめん。」

置いてある桶をとり、水を組みにいく。

戻ると、啜り泣くチャンミンがいた。

「どうしました?」

「ユノ、、、」

俺を求めて両手を伸ばした。

今ここでこいつの手を振り払えば妹の恨みが晴らせるのに、俺はチャンミンを受け止めた。

「いますよ。ここに。」

「ユ、ノ、、、うっうう、、、」

弱々しく泣くこいつが、嫌いだ。

俺の判断を鈍らせる。

可愛い守りたいとさえ思ってしまう。

「体拭きましょうね。」

再び横にして、着物の一部を破り、べたべたな体を拭いていく。

熱く敏感になった体は俺の手と冷たい布にびくっと体を震わす。

「痛かったでしょう。」

チャンミンは首を横にふる。

「おまえが、、、ユノがいたら、いい。
だから、、、そばにいて、、、」

そうか、なら、こいつから離れることがウネにしたことの復讐になるんだな。

分かったのに分かってるのに、俺はチャンミンの唇に唇を重ねて

「ずっと、一緒だ。」



Android携帯からの投稿
スポンサーサイト
  1. 2014/07/31(木) 01:42:46|
  2. blind love
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mの悲劇 101

やっとそのときがやってきた。

十分に慣らしたそこに俺のものをあてがい、ゆっくりと突き進む。

「ギャー!」

「痛い?」

「へ、平気、、、」

「全然平気そうじゃないけど、、、」

「ちが、、、う、、、びっくり、、、しただけ。」

チャンミンは両手を口に当てた。

声を出さないようにするためらしい。

「いくね。」

もう少し進入を試みる。

すごい、締まる。これ、やばいかも、、、。

さらにゆっくりと抽挿を繰り返しながら、なんとか、半分ははいったかな。

チャンミンは目から涙をたくさん流しているし、塞いだ手から、うーうーとうなり声のような音がもれる。

「今日は、ここまでにする?」

大きく首を横にふった。

「全然、、、平気、、、」

「涙でてるよ。」

「ち、ちがう、、、汗だから、、、」

いや、それくらい区別つくし。

「早く、、、お願い、、、」

ごめん。本当はやめる気なんかなかった。

気持ちよすぎて。

そして、再びゆっくりと動かすと、少し慣れてきたのか、苦痛で歪んでた顔が、解き放たれ、恍惚の表情へと変わってきた。

ここか?さっきも感じてた場所。

思ってたほど奥じゃない。

何度もそこを攻めてみる。

「あ、あ、、、」

感じてくれてる。

だが、俺もそろそろ限界。

さらに、チャンミンの中へと埋め込んでいく。

「あ、あ、んん、、、やあ、、、」

ごめん。俺は力任せに打ち付けた。

パンパンとなる激しい音がさらに俺を煽る。

急に声が聞こえなくなったが、初めての俺には、それを気にかける余裕がなかった。

「うっ、あああ、、、」

全てを吐き出して、そのまま横に倒れ込む。
まだ、繋がったままだ。

あがった息を整えようとしながら、チャンミンの方をみた。

「大丈夫?」

やりすぎた?
白目むいてるし、、、。


Android携帯からの投稿
  1. 2014/07/26(土) 09:13:07|
  2. Mの悲劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先輩と後輩 143


高ぶりにたっぷりとローションをつけると、互いに緊張していくのがわかる。

チャンミンはすでに固く目をとざした。

細い足をゆっくりと持ち上げあてがうと、開かれていた手を固く握る。

完全に体に力が入りなかなか進むことができない。

「チャンミン、ゆっくり深呼吸して。」

チャンミンが大きく息をすい、吐き出す瞬間に押し入っていく。

「うっ、、、」

「大丈夫?」

「だ、大丈夫、、、」

「もう一度、深呼吸して。」

「う、うん。」

そして、さらに奥へと。

チャンミンは感じてるより、苦痛で顔が歪んでた。

「ごめん、やっぱり、無理だよね。」

抜こうとする俺の腰に足を絡め、

「だめ!やめないで。」

開かれた瞳は泣きそうなのに、それがなぜか俺を煽る。

「わかった。いくよ。」

萎えたチャンミンのものを優しく擦ると、ほんの少し硬度をましてきた。

「ぁ、や、、、」

力が緩んだそこへ、さらに入り込む。

まだ半分もいかないが、チャンミンの感じるスポット到達したのか、少し、背中が仰け反った。

そこで、抽挿を繰り返していると、苦痛から悦びへと表情が変わる。

「ハァ、、、アァァ、、、んん、あ、あ、あ、、、」

チャンミンのはさらに硬さをまし、再び指が濡れるほど漏れでてきた。

感じてくれていることに安堵した俺は、さらに奥へと進む。

きつくて何度ももっていかれそうになるが、一番感じたかったそこにもっと酔いしれたくて動きをとめた。

チャンミンは俺をみつめ、困った顔をしてる

「ハァ、ハァ、よく、、、ないの?」

「よすぎて、終わりたくない。」

その言葉に、チャンミンはやさしく微笑み

「いいよ。いつでも、受け入れるから。」

最愛の人と結ばれた幸福感が、全身を包み込み、なぜか、涙が流れた。

「おいで。」

その声に導かれて、俺は、激しく腰を打ち付けた。

「うっ、、、いい、、、イク、、、ああああ、、、」

最後は頭が真っ白になり、チャンミンの顔をみる余裕などなかった。

「ハァ、ハァ、ハァ、、、ごめん、、、」

「ハァ、、、ハァ、ハァ、なぜ、謝るの?」

「ハァ、ハァ、ハァ、、、痛くなかったか?」

「ハァ、、、ふ、ふふ、、、」

「どうして、、、笑う?」

「幸せだから、、、」



Android携帯からの投稿
  1. 2014/07/24(木) 07:02:07|
  2. 先輩と後輩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先輩と後輩 141


チャンミンの高ぶりに手を伸ばす。

すぐにでも吐き出しそうなそこを緩く擦ると、俺の体に腕を巻き付けた。

「どうしよう、、、ユノ、んん、あ、あ、、、」

「どうした?」

「我慢、、、ハァ、、、あああ、、、できない、、、」

すでに染み出る白濁を指ですくうと、それだけで、背中を仰け反らせ、声が高くなる。

「いいよ、いって。」

「だって、、、ハァ、、、ハァ、、、ユノ、が、んん、あ、、、、」

「俺は後で楽しむから。」

最後の追い討ちをかけるように滲み出るそこに舌を、這わすと俺の髪に指を絡め、腰が動く。

搾り取るように口内に含むと、さらに大きな喘ぎ声とともに最後のときを迎えた。

すべてを飲み干すと、チャンミンは困ったような顔をしている。

「ごめん。ずっと出してなくて。」

「いいよ、気にするな。」

「どうしてもユノとしたかった。」

年上なんだけど、あまりにその困った顔と言葉が、可愛くて、唇を、合わせる。

「んん、、、や、、、苦い、、、」

「ごめん。濃かった?」

「ば~か。」

「俺の味も確かめてよ。」

「うん。」

今度はチャンミンがゆっくりとあちこち舐めながら、下がっていく。

なかなか欲しい場所へとたどり着かない。

「チャンミン、、、んん、早くぅ、、、」

「ゆっくり味わうから。」

わざと、その場所を避けるように、回りをいったり来たり、、、。

我慢できずに、頭を抑えそこへと導いた。

「頼む。意地悪するなよ。」

「どうしてほしい?」

時々、チャンミンは、意地悪になる。

「舐めてください。」今はそれに従うしかない。



Android携帯からの投稿
  1. 2014/07/22(火) 08:38:49|
  2. 先輩と後輩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先輩と後輩 126


久しぶりにだしたからか、すでにぐったりしそう。

そう言えば、昨日も寝てないや。

ユノは急に跪くと、萎えかかってる僕のものを口に含む。

「あぁん、、、あ、あ、」

後孔には指は入ったまま。

前からと後ろからの刺激で頭がおかしくなりそう。

膝はがくがくしてきて、体が折れ曲がり、ユノの頭にしがみつく。

「もう、、、ダメ、、、はぁ‥はぁ‥あああぁん、、、」

何度も指が感じるところを刺激するから、頭が真っ白になってくる。

そして、さらに指は増やされた。

さっきより、圧迫感を感じるが、もう限界だった。

さっきいったばかりなのに、、、。

目の前がチカチカする。

「ああああぁ、、、」

二度目は、ユノの口内に納められた。





Android携帯からの投稿
  1. 2014/07/17(木) 01:44:48|
  2. 先輩と後輩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先輩と後輩 125


ユノに、手を引かれるまま浴室に入る。

何回も入ってる浴室なのに久しぶりだからかな。まるで違う場所のように感じた。

「今日は、俺が全部洗ってあげるからね。」

「うん。」

少し得意気な顔も可愛い。

仕事のときのユノは男の僕からみても、とても男らしくかっこいい。

年下ということさえ忘れてしまう。

「ねえ、手、ジフ先輩に触られた。」

「どうだったかな。たぶんどこも触られてないよ。」

即答しなかったことが気に入らなかったようだ。少し口をとがらせてふくれている。

普段のユノは年相応で、やっぱり、かわいい後輩。

「あっ、くすくす笑ってる。」

「だって、可愛いから、、、ふふふ」

「違うよ、かっこいいの!」

「普通、自分で言わないよ。」

「もう、うるさい!」

「く、く、く、、、」

「笑うな!」

あまりに可愛くて、軽く頬にチュッとキスをした。

「何、それ?」

「キスだよ。」

「そんなんじゃ、我慢できない。」

唇を合わせ、舌をねじ込んできた。

逃げようとする僕の舌を絡めとり、息をつく間さえ与えない。

可愛いって言ったの訂正。

エロいよ、最高に。

キスだけで、僕のそこはかなり張り詰めてきた。

ずっとこのときを待っていたから。

「ねえ、したかった?」

「ん、うん。」

そう言いながら、ボディソープを後孔にたらす。

そして、ユノの綺麗な指が少しずつ推し進められた。

「はぁ、、、」

まだ、それだけなのに、前は、開放の時を待っている。

ユノはどこが感じるかすぐにあてて、そこを執拗に擦る。

「あ、あ、ユノ、、、ダメ、、、そこ、、、」

「気持ちいいだろう?」

その声が妙に脳に響く。

返事をする代わりに首をたてにふり喘ぎ続けた。

浴室だから、声が反響して耳障りだ。

でも気にしてる間がないほど、快感の波が襲ってきた。

「どう‥しよう、、、もう、、、ああ、あ、あ、、、ダメ、、、イク、あ、あああ、、、」

僕の体からでた白い蜜は、ユノの体にかかってしまう。

「はぁ‥はぁ‥ごめん、、、」

「許さない。覚悟して、、、」



Android携帯からの投稿
  1. 2014/07/17(木) 01:28:35|
  2. 先輩と後輩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

so sweet 22


机の上に横にされる。
勢いよく下を脱がされ、体をよじって恥ずかしさに耐えた。

「大丈夫だから。」

ゴヌ先輩はなぜかゴムを持っていた。
そのときに疑問に思えばいいのに、すでに一杯一杯でなにも考えられなくて。

信じられない場所に挿入される違和感。

たった一本の指でもひどい痛みしか感じない。

まだ、完全に慣らされていない、そこへ押し入るゴヌ先輩の欲望の塊は、俺の身を切り裂く痛みで気絶しそうなほどだった。

声を出しそうになると、そばにあったタオルを口に押し込められる。

痛みで生理的な涙がこぼれ落ちた。

机が壊れそうなほどきしむ音が、どんどん聞こえなくなる。

どうやら気を失っていたようだ。

目が覚めて自分の体をみると、下半身が血だらけになっていて、あの匂いが部室中に充満しいた。

「ごめん、チャンミン。」

頭を撫でられて、これでよかったと思った。

これで、ゴヌ先輩が元気になれば、、、それでよかったのだ。

「このことは秘密だよ。わかるね。」

男同士の上、部室でそんな行為があったことがばれたら、間違いなく退学だ。

首をたてにふると、

「いい子だね。」と、また頭を撫でられる。

まるで犬のように、それだけで、尻尾を振っていた。

愛されていると勘違いして、、、。



Android携帯からの投稿
  1. 2014/07/16(水) 15:39:38|
  2. so sweet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

childhood friend 74

「離せぇー!」

叫ぶばれると、ますますやる気になってくる。

「せめて、初めてくらい、普通にしろよ。」

「普通のは二回目にしような。」

「ざけんなよ!、、、あ、ん、、、だめ、」

怒鳴ったり感じたり忙しいチャンミンを楽しみながら、いよいよ、本番へ、突入!

指を一本埋めていく。

「だめ、だめ、だめ、、、あ、ん、、、き、もち、、、」

おっ、はやっ、すでに感じてる?

「気持ち悪りぃー!」

そうだよな。

うるさい口をキスで塞ぐ。

おまえが大好きなキス。

ほら、すぐこの顔になる。

瞳を閉じながらも嬉しそうな顔。

それと同時にさらに指を埋めいくと、顔が歪む。

ごめん、これに慣れないと先に進まない。

指を動かしながら、噂の場所を探していく。

感じるといわれてる場所。

「ハァ、、、ん、あ、、、」

ここ?
そう言えば少し触った感じが違う。

何度もそこを動かしていくと、完全に顔が変わった。

先走りもダラダラ流れてる。

指を増やしていく。

すでに、口は半開きで、だらしなく垂らした唾液が妖艶で、、、。

「そろそろいくよ。」

その言葉に眉が動く。

足をあげ、俺の高ぶりを埋めていく。

やっぱり、きつい。
女とは明らかに違う。

「うっ、、、」

痛みからか顔が苦痛の表情へと変わる。

「やっぱり、やめとくか?」

「やぁ、、、いいから、、、」

「ごめん。」

俺ももう止められない。

少しずつだが、確実に埋め込んでいく。

「ハァ、、、入った、、、」

「う、うん。」

「動くよ。」

おまえの感じてた場所に抽挿を繰り返すと、声が変わった。

「ハァ、、、ハァ、、、ん、あ、あ、ん、、、」

こんな声だすんだ。

「もっと、その声聞かせてよ。」

「やぁ、、、ん、ん、あん、、、イク、、、ユノ、、、イク、、、ん、あ、、、」

顎があがり、完全にイキ顔。

中がしまり、俺ももう持っていかれそう。

さらに動きを早めていくと、感じすぎるのか、首を横にふり、涙を流す。

そして、俺も最後の瞬間を迎え、おまえの中にすべてを流し込んだ。




Android携帯からの投稿
  1. 2014/07/13(日) 21:51:31|
  2. childhood friend
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

so sweet 6

やべぇ。気持ちいいや。

こいつはすぐ、俺の好きな場所探し当てた。

「はぁ、はぁ、ん、ん、うっ、、、」

「なんだよ。声我慢すんなよ。」

「う、うる、せい、、、うっ、、、 」

「ふふふ、でも、最高にいい顔してるぜ。」

「あっ、ん、ん、はぁ、、、」

やばい、いく、、、

後ろと前を弄ばれて、あっと言う間に達してしまった。

「後ろ向けよ。」

命令口調にイラッとするものの指だけじゃ、満足いかなくて、はやく、それがほしくて。

結局は、こいつの言う通り、後ろを向いて尻を突きだす。

すでに、でかさは、さっきみてわかっていたものの、やはり、でかくて、

「わぁ、、、い、うっ、、、」

「すまん、痛いか?」

「うっ、いい、から、、、入れろ。」

「ああ、気持ちいいな。おまえの中。」

「あ、ああ、はぁ、、、うっ、ん、う、、、」

裂けそうな痛みがだんだん麻痺してきて、やがて、快感の渦に飲み飲まれる。

「あぁ、はぁ、ん、ん、、、」

「最高だ。そろそろいくぞ。」

「き、くな、、、あぁぁ、、、」

奥まで突き刺さるが、激しい腰の動きにほしいとこも突きまくられて、、、

立つのも辛くなり、壁に手をあてて、快感の波に飲み込まれないように必死で耐えたのに、、、。

こいつの腰の動きにあっという間に達してしまうと、内壁の締まりともに、熱いものが流し込まれる。

倒れ込まないように腰を支えられながら抱き締められた。

この感覚久しぶりだ。






Android携帯からの投稿
  1. 2014/07/11(金) 00:17:37|
  2. so sweet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

punish 2

急に電気が消される。

僕はいきなり、後ろを向かされ壁に押し付けられた。

「痛いよ、ユノ、、、」

「なんでもするんだろう?」

「そういったけどさ、、、なにするの?」

「お仕置き。」

「なんで?」

「俺のメールに出なかったから。」

ズボンからベルトを外され後ろ手に縛られる。

「痛いってば。」

すぐにズボンをおろされた。

「ユノ、汗かいてるし、お風呂にも入りたい。清潔にしてから」

「かまわない。ゴムもあるし。」

後ろでゴムをつけた指が侵入する。

ゴムにゼリーがついているとはいえ、いきなりはかなりの痛みが伴う。

「うっ、、、痛、、、」

いつもなら、ここでやめて優しくしてくれるのに、、、。

指はすぐに僕の好きなところを刺激する。

「あっ、、、んん、そ、こ、、、」

「まさかやられてないよな。」

「ひどい!そんなことするはずが、、、あ、あ、、、い、や、、、」

怒りたくても、刺激され続けると、たっているのも儘ならないくらい感じてきて。

「い、や、んん、、、、ああ、、、」

どんどん、前も脹らみ、先走りをだらしなく垂らし始める、腰が自然と動き始めたのに、いきなり指を抜かれる。

次は、あなたの大きいのがくるかと思ったが、向き合わされ、下に下がれと命令された。

言われたとおりにすると
「くわえろ。」と。

暗くてあまり表情は見えないけど、声はあくまでも冷めたい。

言われたとおり、ユノが僕の顔につけているのをむしゃぼりついた。

真っ暗な玄関で、僕がしゃぶる音だけ響き、ととても淫靡だ。

いつもなら、手も使っていかせてあげるのに、両手が後ろに塞がっていて、うまくできない。

業を煮やしたのか、僕の髪を掴むと喉元までついてくる。

さすがに苦しくて、生理的に涙がこぼれた。

やめてほしくてもやめることなく続き、ついには喉の奥に熱いものを感じる。

やっと離されたが、苦しくて、咳き込み、吐き気をもよおす。

「大丈夫か?」

その声はいつもの優しいユノ。

「う、うん、、、」

だが、お仕置きはそれで終わらなかった。




Android携帯からの投稿
  1. 2014/07/02(水) 14:33:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。