チョコチップピコのブログ

二人が好きすぎて、気がついたら、妄想ばかり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スターのお世話 番外編 9


ユノさんの先走りを中で感じると、動きはスムーズになる。

痛かった行為がやがて、気持ちよくて、、、。

「ユノ、、、アァァ、ヤァ、、、」

何度も打ち付ける音が響き渡る。

そして、僕の中から、一旦抜くと、再び向きをかえられるが、腰に力が入らず、座り込む。

髪を掴まれ、僕の口内へと、ねじ込んできた。

苦しいよ、ユノさん。

そして、口内へ、熱いものが流し込まれる。

「ゴホ,ゴホ、、、ユノさん、苦しい、、、」

ふと、我に返ったのか、僕を抱き締め

「ごめん、チャンミン。」

そういうユノさんはいつもの優しいユノさんだった。

ユノさんは僕を抱き起こすと、身支度をして、服を直す。

「ひどい、、、こんなの。」

「ごめんよ、チャンミナ。つい、やきもちやいちゃって、、、。」

「ばか、、、」

もう、悔しいやら、ほっとしたやら、わからないけど、涙がたくさんでてくる。

「泣かないで、、、」

抱き締めながら、背中を撫でるユノさんはいつものユノさんだ。



Android携帯からの投稿
スポンサーサイト
  1. 2014/01/31(金) 01:01:37|
  2. スターのお世話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スターのお世話 番外編 8

※すみません。1月9日から放置しとりました(笑)




(Changmin side)

「帰れって言ったのになぜここにいる?」

「だって!んん、、、」

言い訳する隙間も与えずに、舌をねじ込んできた。

キスなんて甘いものじゃない。

もう、口内を犯してるとしか思えないほど激しくて。

しかも、ユノさんは、僕に体を擦り付けてくる。

明らかに反応してるのがわかるし、僕も、、、。

でも、ここは不味いよ。だれか来たらどうするの?

頭のなかは、理性と欲望が戦っている状態。

でも、ユノさんが突然しゃがみこみ、僕のを口に含んだ時点で、試合終了。

欲望が勝ってしまった。

片手で、口をおさえ、なんとか声をあげないように我慢をするが、いつもよりも激しいし、禁断の場所とわかってるだけに、余計に感じてしまって。

もう一方の手は、力なくユノさんの頭を押し返していたが、今は、髪に絡み付いているだけ。

だめ、もう、、、。

止められない、、、。

「アァァ、、、」つい出してしまった声が響き渡る。

それと同時にユノさんの口内へと。

「誰がいっていいって言った?」

「ハァ、ハァ、、、へ?」

そんなこと言ったって、、、。

僕は後ろ向きにされ、コートをめくられ半分ズボンがおりた状態。

こんなとこ、だれかにみられたら、、、。

そして、ユノさんが僕の中へと。

きつくて、痛いのに、早くあの場所に来てほしくて。

痛みをこらえる代わりに、自然に涙が流れる。

「くっ、、、うっ、、、」

ならさないそこへの侵入は、思った以上に苦しいし、スムーズにいかない。

いつもなら、やめてくれるのに、僕の腰をがっつり掴むと、少し抜き、大きく腰を打ち付けた。

「アァァ、、、ヤア、、、」

痛みと質量に、気が狂いそうになる。

感じるなんて、、、無理だ。

これは、強姦、、、。

「やぁ、、、」





Android携帯からの投稿
  1. 2014/01/30(木) 18:36:14|
  2. スターのお世話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キヨミンミンⅡ 114

(Yuno side)


苦痛の顔のおまえに、申し訳ないという気持ちと、その顔に欲情してしまう俺。

おまえの中に埋め込むときの、おまえの表情の変化をみるのが好きだなんて、俺も相当いかれてる。

きつくて、本来なら埋め込むべきとこではないはずなのに、おまえを好きになってから、とまらなくて。

いつか、おまえを壊してしまうような気がしたんだ。

でも、今日は、ごめん。

もう止まらない。

おまえについた首筋の赤み、手首の赤み、それに、気が狂うほど嫉妬している。

俺は何度もおまえの首筋に吸い付いた。

おまえに触れるすべてのものを消し去りたいくらい、嫉妬深いなんて、見せられなくて。

気がつくと手首を強く強く握ってた。

深く深く突き刺す楔に、表情が妖艶に変わっていき、俺をまた虜にしていく。

こんな顔、誰にもみせたくない。

これは俺だけのものなんだ。

いつもより、激しくうちつけ、おまえの体が大きく揺れた。

再奥に流した俺の白濁は、やがて、血が混じり、細い太股から流れ出る。

いつもなら、そこでやめるのに、今日の俺は、おまえに俺をわからせるかのように、何度も何度も、、、。

そのうち、おまえが、逃げようと向きを変えると、後ろからさらに深く深く、、、。

ああ、この味を覚えた俺が、他に誰を抱くんだ。

おまえ以外、おまえじゃなきゃだめなのに。

狂ったように喘ぐおまえを後ろから抱き締めて、これ以上ないほど、埋め込む。

いつしか、おまえの体は人形のように動かなくなるが、それでも、俺は止まらなかった。

おまえは、俺のもの。
俺だけのもの。
他のやつには、触れさせない。
この体も、髪の一本一本もすべて、俺のものだ。

俺だけの記憶を埋め込んでやる。
俺だけを感じるんだ。

他の誰かをみることさえ許さない。

嫉妬でこんなになる自分を初めて知った。

おまえを好きになることは、こんなにも俺を変えてしまうなんて。

ああ、おまえがいなければ、俺は、、、
息をすることさえできないだろう。

愛してる、、、狂うほど、、、愛してる、、、







Android携帯からの投稿
  1. 2014/01/29(水) 08:49:47|
  2. キヨミンミン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キヨミンミンⅡ 111

(Yuno side)


恥ずかしがりやのくせに負けず嫌いなおまえがみせる挑発的な態度。

「今日は、僕がするから、ヒョンは見てて。」

ふぅーと深呼吸をすると、いきなり、下にさがり、俺のものをくわえる。

突然の行為に思わず「うっ、、、」と、声が漏れでる。

お前の様子をみたくて、頭にまくらをあつめた。

伸びた前髪が邪魔だな。

その髪に手を伸ばすと、動きがとまり、俺の方をみつめる。

「もう終わりか?」

そう言うと、さらに強い目になり、動きを早めた。

やがて、俺の限界が近付く。

「チャンミナ、、、いく。離せ、、、」

どけようとしても、頑として続ける。

そして、口内に白濁を放出した。

口内の奥の方まで届いてしまったからか、咳き込む。

「ごめん、大丈夫か?」

「平気、、、」

そう言うと、口から漏れでる俺の白濁を手の甲で拭いた。

そして、そばにある、ローションをとると、自らの手につけて、蕾へと、ねじこんでいく。

そして、反対の手は、自らのものを慰めるから、まるで、自慰行為だ。

「ハァ、、、」

我慢できず、吐息をもらす。

俺も我慢できない。

チャンミンの体を下に組敷き、おまえの入れた指に合わせて俺の指を入れた。

「アァァ、、、ヒョン、、、」

チャンミンは、我慢できずに、腰が動き始める。

やがて、チャンミンも一度目の射精を迎えた。



Android携帯からの投稿
  1. 2014/01/26(日) 23:33:05|
  2. キヨミンミン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ゆのみん企画 Cherry 】33

(Yuno side)


誘うあなたは、いつものあなたじゃなかった。

あまりに妖艶で、、、。

息をのむ。

そして、ゆっくりとあなたの中へ。

苦痛で、顔が歪む。

「ごめん、大丈夫?」

「ハァ、きて、、、」

すごくきつくて、持っていかれそうになる。

「うっ、、、」

それでも、自分の欲求を抑えることなんかできなくて、先生の腰を押さえ、奥へ奥へ、、、。

「ハァ、アア、、、ユノ、、、」

聞いたことのない甘い声に、とろけそうだ。

打ち付ける音。先生の声。
自分の息遣い。

今までに経験したことのない快感の波に溺れていく。

もう、限界、、、。

「う、わあ、、、」

すべてを先生の中へ流し込む。

「ハァ、ハァ、ハァ、、、先生、、、どうしよう、、、ハア、、、」

「ハァ、、ユノ、、、」

「ハア、ハア、ハア、、、、好きだ、、、」

「ん、、、ハァ、、、ありがとう、、、」

先生のピンク色の頬が愛しくて、、、頬に口づけた。

そして、さらに、唇に、、、舌を絡めて、、、。不思議だ。
さっきより、さらに媚薬のように、俺を再び、雄へと変える。

またあなたが欲しくなり、そのまま、腰を打ち付ける。

ああ、とまらない。

どうしたらいい。

体も、心もあなたの虜になっていく。

あなたなしなんて、考えられない。






Android携帯からの投稿
  1. 2014/01/16(木) 21:10:07|
  2. ゆのみん企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ゆのみん企画 Cherry】 32

(Yuno side)


膨らみのない先生の胸を舐め上げる。

「ハア、、、」とつく吐息に、胸が高鳴る。

先を舌で転がすと、先生の声が漏れ始めた。

俺は、ゆっくり、片手を、先生の下半身へと滑らせた。

初めて握る、自分以外のもの。

自分がしているように、動かしはじめると、先生は、仰け反り、さらに喘ぎ声を出し始めた。

先生が悦ぶ姿が嬉しくて、、、。

最後が近くなると、俺に手をのばし、引き寄せる。

「ユノ、、、アア、、、いく、、、」

手の中と、体に先生の出した白濁が飛び散った。

俺は、先生と唇を合わせた。

「ユノ、この先は自分で慣らすから待ってて。」

そういうと、その白濁を指につけ、自らの蕾にいれていく。

「うっ、あ、ハァ、」

その妖艶な姿に口を開けたまま、見いっていた。

先生は、感じる場所にきたのか、さらに、息も絶え絶えになっていく。

俺は、その腕を掴んだ。

「俺にさせて。」

先生は、少し驚いたが、自らの指を抜いた。

「ううん。もう、ユノの入れていいよ。
きて。ユノが欲しい。」




Android携帯からの投稿
  1. 2014/01/16(木) 01:07:19|
  2. ゆのみん企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ゆのみん企画 Cherry】 25

(Yuno side)


知らないわけではない。

みたことあるけど、それを先生にされるなんて思ってなくて。

俺のものを両手でもつと、

「これは、兄にもしたことない。ユノが初めて。」

僕のものを舐め始める。

上からみるその姿と、ぺちゃぺちゃなる音。

「あっ、、、」

思わず声がでて、それだけで、いってしまいそう。

そして、先の方が先生の口内へ。

「わあ、、、う、、、」

口内で、舌が動く度に声が出そうになる。

ゆっくりとゆっくりと先生の頭が動く度、少しずつ奥へと入っていく。

俺は、もう我慢できずに、先生の頭を掴むと、腰を動かした。

「ご、めん、ああ、、、だめ、、、イク、う、あああ、、、」

すべてを口内に出してしまったあと、自分がしてしまったことに、驚き、

「ごめん、先生。吐き出して。」

でも、先生は首をふってそれをすべて飲み込んだ。

「どうして?」

「ユノのだから、、、」

すごく愛しくて愛しくて。

俺より華奢なその体を抱き締める。

「先生、、、好き。」

「うん。」





Android携帯からの投稿
  1. 2014/01/14(火) 13:00:00|
  2. ゆのみん企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ゆのみん企画 Cherry 】 6

(Changmin side)



そこからは、まさに、悪夢だ。

這って逃げようとする僕は、何度も引きずられる。

そのたびに、部屋の角や家具に何度も打ち付けられた。

ズボンも剥ぎ取られ、うつぶさにされる。

抵抗して暴れたため、手首に巻かれたネクタイがはずれかかったが、今度は後ろでさらにきつく縛られる。

それでも、逃げ惑い、叫び続ける僕の口にタオルを突っ込まれた。

まさか?まさかだよね。
ヒョンがそんなことをするはずがない。

だが、僕の悲しい予感は現実のものとなる。

ヒョンが、無理矢理、欲望の塊を僕の体にねじ込んだ。

痛くて辛くて、、、。

「くそ!入らねぇ!」

なかなか入らないとわかると、臀部になにかを垂らす。

独特な香りからそれが胡麻油とわかった。

「これで、少しは、滑りがよくなるだろう。」

ヒョンの肉の塊が僕の中へと、、、。

身を切り裂かれるような痛み。

叫んでいた声もでなくなるほど、、、。

あまりの痛みと苦しさと、叫びつづけて、過呼吸になった僕は、そのまま気を失う。


目が覚めたとき、自分の部屋のベッドの上だった。

ああ、悪い夢かと体を起こそうとすると激痛が走り、動かすことができない。

そして、臀部に感じるぬめっとした肌触り。

恐る恐る、布団をめくる。

そこは、兄の精液と、僕の血で、赤く、異臭を放つ。

夢じゃない、、、現実?

絶望と悲しみで、気が狂いそうになる。

叫びたくても、声も力も残ってなかった。



Android携帯からの投稿
  1. 2014/01/11(土) 17:03:10|
  2. ゆのみん企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ゆのみん企画 指でなぞる】 3

(Yuno side)


俺の手の侵入を妨げようと腕を掴む。

だが、そんなことで、やめるわけがない。

反対の手で、核心部分へと近づく。

焦るおまえは小声で
「ここでは、やめてください。」

「やめない。」

マネージャーがなにかを察したのか、間のカーテンをひいた。

チャンミンの顔が赤らむ。

「ほら、気付かれた。」

「構わない。」

うるさいその口を塞ぐ。

逃げても無駄だ。

片手で後頭部を抑え、舌をねじ込んだ。

「ん、、、んん」

ズボンに手を突っ込み、緩く擦りあげる。

「ん、、、いや、、、」

体は正直だ。

そして、瞳は観念して俺を向かいいれる。

だが、お遊びはここでおしまい。

おまえから、離れ、カーテンを開ける。

ちょうど俺のマンションについた。

「気が変わった。チャンミンはおりない。チャンミンを送ってくれ。」

大きな瞳を見開き俺を見つめた。

驚いて開いている唇をなぞる。

「妬かせようなんて100年早いんだよ。」

そう言い残して、車の扉を閉めた。





※【ゆのみん企画】指でなぞるです。

同じテーマで参加されてるかたはこちらです。

http://yunomin.seesaa.net/s/article/384120116.html



Android携帯からの投稿
  1. 2014/01/02(木) 10:32:23|
  2. ゆのみん企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。