チョコチップピコのブログ

二人が好きすぎて、気がついたら、妄想ばかり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Forest sprites 11


体が熱い。

熱に浮かされているように、今の光景が夢のよう。

チャンミンは俺の服をゆっくりと脱がしていく。

注がれる唇の感触。

今までに感じたことなどない。

吐き出したい熱を口に含まれると体が一瞬波打つ。

「だ、だめだよ。」

そういう俺を見上げるものの、優しい瞳はすぐに閉じられ、その動きを強めていく。

「ねえ……やばいから……うっ……だめだって……。」

手で引き剥がそうと押しても、動かない。

大きな波に包み込まれる。

恥ずかしいのに、我慢できず、低く唸り声をあげると、すべてをチャンミンの口内へ。

「はぁ……はぁ……ごめんなさい。」

「いいんだ。そうしたかったから。」

だが、その夜、それは終わらなかった。

俺の熱に香りのいいオイルをたっぷりつけてゆっくりと擦る。

まだいったばかりの敏感な体はすぐに欲望を大きくしていった。

何度どかそうとしても動かないし、俺も本気では力が入らない。

やがて信じられない光景が目の前で……。

チャンミンもそのオイルをうしろに塗りつけると、腰をおろしていったのだ。

わずかに歪む顔も美しい。

きつくて、埋め込むなんて無理な場所に少しずつ飲み込まれていく。

チャンミンは唇を噛み、我慢しているようだった。

「痛いよね。無理だよ、離して。」

だが、ゆっくり、ゆっくりと、腰を動かす度に、奥へとはいっていく。

「あっ……はぁ……。」

途中、高く甘美な声が漏れる。

唇はわずかに開き、苦しんでた顔が恍惚の表情へと。

こんな顔して甘い声出すのかと思ったら、もっとその顔をみたくて、俺自身でチャンミンの腰を持ち、ゆっくりと突き上げ、追い詰めていく。

「うぅぅ……くっ……はあ……あぁぁ……。」

声を我慢してわずかに漏らしていたが、その動きを早めると、顎があがり、甘美な声が止まらない。

「あぁぁ……うっ……ぁ…んん……。」

もっとその声が聞きたくて、突き上げていく。

ベッドの軋む音が早まっていく。

チャンミンの内壁が絞まり、弾けると同時に俺もチャンミンの中へと。

荒い呼吸が止まらない。
ゆっくりと俺の胸に崩れ落ちた。

「大丈夫?」

「う、うん。」

「痛くなかった?」

「うん。」

ゆっくりと目を合わせ、俺の唇に濡れた唇を落とす。

俺もチャンミンの体に手を回し、こぼれ落ちる唾液も気にせず絡め合った。

「幸せだよ。」

気のせいだろうか。

俺から唇を離したチャンミンの瞳が揺れている。

だが、泣いているようにみえたチャンミンより、チャンミンの体が俺から離れるとき、なぜだか、すごく寂しくて、気がつくと俺の頬に一筋の涙が……。

チャンミンは、その涙を指ですくい、
「ごめんね。」と言うと、布団をかけ、部屋から出ていった。




スポンサーサイト
  1. 2015/09/12(土) 08:53:14|
  2. Forest sprites
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Forest sprites 7


ぐっすり眠った君は、服を脱がされていくのさえ気がつかないようだ。

白い肌。

桃色の胸の突起に口付ける。

「はあ………」

そっと、そっと、そこを舌先で、転がしていく。

「んん………」

深い眠りの中で、何を夢みていることだろう。

そこに吸い付くと、背中が反り体が浮く。

すでに持ち上がった君のものを、手でゆるく掻いてやる。

声変わりしてまだ安定しない低音の喘ぎ声。

そんな声さえ愛しいよ。

君の体液がうっすらと僕の指にかかるとき、腰が動き始めた。

その白い蜜を舐めるようにみぞに舌を這わした。

「ああ………。」

手の中で、さらに大きさをましていく。

そのまま口に含むと、どくんと流れ出した蜜で、口内が充満した。

全てを飲み干し、布団をかけると、ゆっくりと瞳が開く。

「あの………俺………」

「まだ、夜中だよ。おやすみ。」



Android携帯からの投稿
  1. 2014/10/27(月) 00:36:45|
  2. Forest sprites
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。