チョコチップピコのブログ

二人が好きすぎて、気がついたら、妄想ばかり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Telephone 49

ずっと待ってたこのときを。
唇が重なるこのときを。
あなたに触れられるこのときを。
あなたに触れるこのときを。


「ユノ………あ、んん………」

自分の声が耳触りで、手の甲で口許をふさぐ。

それに気がついたユノが僕の手首を掴み、頭の上で押さえた。

「聞きたかったんだ。聞かせてよ。おまえの声。」

そう言われても出したくなくて、口を真一文字に閉じ、必死にこらえたけど、途中から行為に夢中になり、自分が声をあげてることさえ、忘れていた。

胸の先を執拗に舐められると、早く、その先に触れてほしくて………。

僕の主張したものが、ユノのお腹に当たる。

「欲しかった?そんなに。」

わかってるくせに。

「なあ、答えろよ。」

その手は静かに、僕の服の中の主張に触れる。

握られただけで、達しそうなほど、ユノを求めていた。

少し、動かされただけで、先走りがユノの手に流れ、その滑りをさらによくしていく。

「ハァ、ハァ、………あ、う………やぁ………」

もういきそうなのに、根元をおさえた。

「欲しかった?」

「い、意地悪………あ、あ………」

「答えないと、つらいよ。」

ユノの顔がさがり、僕のものを口に含む。

もう、限界だ。

何度も波がくるのに、押さえられた根元でいくに、いけない。

「欲しい………んん………早く、ユノのが………あ、あ、いかせて………」

そのとき、やっと離されたことで、最後の時をむかえ、ユノの口内へ放出する。

「あああああ………」

「苦い。」

「はぁ、はぁ、はぁ………飲み込むなよ………」

「ずっとしてなかった?」

「し、はぁ、はぁ、しらない。」

「俺は、おまえを思ってしてたけどな。」

「はぁ、はぁ………変態………」

「ふふふ、ほら、触って。」

僕の手をユノのものに触れさせる。

「舐めて………チャンミン。」

体制を入れ替え、ユノの服を剥ぎ、貪るようにそこをしゃぶる。

「うっ………すごいな………」

あなたを悦ばせたくて………あなたをいかせてあげたくて………。

ユノの息があがるのが、嬉しくて、飢えた動物のようにしゃぶり続ける。

ユノの漏れる声がたまらなくて、僕のものも再び形をなしてきた。

「うっ………チャンミナ………ああああ………」

ユノに頭を押さえられ押し込まれると苦しくて自然に涙がこぼれた。

「ごほっ、ごほっ、ごほっ………」

喉奥に放出された勢いが、想像以上に苦しくて、全てを飲み飲むことができず、咳き込んでしまう。

「ごめん、大丈夫か?」

心配そうにのぞく顔。

目の前にある顔は夢じゃない。

僕はユノに抱きついた。

「平気………それより、ごめん。飲み込めなかった。」

「そんなこと気にするな。」

「受けとめたいのに、ユノの全てを。」

「ああ、受け止めて。俺の全てを。」

ユノは僕の後頭部を掴むと唇を重ねる。

その舌の動きに答えたいのに、まるで追い付かなくて。

息をするのも忘れてて、だんだん苦しくなるのに………気持ちよくて………やめたくない。

唇を離されて繋がる唾液の糸が少しの間、僕たちを結んでいた。

「ユノ、僕ね………」

「うん。」

ユノは僕の足を持ち上げ、秘部に顔を埋めた。

「だめ、そんなとこ。」

「話つづけて。」

嫌がる僕の制止を聞かず………。

こんな状態で話せるわけないのに。

「んん………や、あ、あ………」

「もう、話つづけて。」

ベッドそばの引き出しから、ローションをとると、たっぷりとそこに流す。

「冷たっ………」

「ほら、話して。続き。」

ユノの指がゆっくりと埋め込まれる。

「あっ………」

「ほら、何?」

「んん………あの、ね………ああ………ユノのこと………あああ………」

すぐに僕の感じるとこに到達する。

「俺のこと?」

「ハァ………あ、ハァ………うう………」

もう、快感の波が襲ってきて、いってしまいそうだった。

「ほら、続き。」

もう続きを話せる状態じゃなかった。

「しょうがないな。おしおき。」

指をふやされ、挿出を繰り返されると、それだけで、いってしまった。

信じられないくらいの高い声で………。

「やあああああ………」

「答えない、罰だよ。」

そういって、まだ体中敏感になっているのに、あなたの圧倒的な質量が埋め込まれる。

「わあ………」

叫び声に近いものが、口から漏れた。

「ごめん、痛かった?」

本当は少し痛みが伴った。でもやめてほしくなくて、首を横にふる。

「ごめんね、でも、とまらない。
チャンミンの中気持ちいいよ。」

僕の体を押さえて、どんどん奥へと埋め込まれていく。

久しぶりの質量に、耐えられなくなった体は悲鳴をあげていたけど、あなたと繋がれる歓びは痛みなど忘れさせてくれる。

やがて、痛みは快感へと変わり、あなたが動く度に、僕の先からだらしなくこぼれていかのがわかった。

あちこちベタベタで、このあと大変だなと思いつつも、このままずっとこうしていたかった。

「うっ………チャンミン、いく………」

体を強く押さえ込まれ、ユノの動きはさらに激しさをました。

だから、僕は………ユノのいったことさえ、わからず………。
スポンサーサイト
  1. 2014/11/03(月) 08:44:16|
  2. Telephone
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Telephone 12


こいつはいつもこうやってつくしてきたのだろうか?

俺のを口内へと吸い尽くすと、

「男性との経験は?」

「ない。」

「ゴムとローションありますか?」

それを手渡すと、俺の前で、俺を受け入れるそこを慣らしていく。

うつむきながらも、顔は紅潮し感じているのがわかる。

「嫌なら途中でも言ってください。」

嫌なもんか。

おまえを見て、すでにそこは、熱を帯びている。

慣れた手つきでゴムもつけていった。

そして俺を仰向けに寝かせゆっくりと腰をおろしていく。

痛みがあるのか、眉間にシワをよせ、唇をぎゅっと噛む。

それでも、やめることなくすべてを飲み込むと、腰を動かし始めた。

我慢しようとしている声がときどき漏れてくる。

「は………うっ………」

「声だせよ。」

だが、首を横にふる。

動く度にローションで滑りをよくしたそこが、グチュグチュとなる音と、ベッドがきしむ音。

目の前の男が、みせる官能的な表情がどこか、悲しそうだった。

内壁が閉まるとチャンミンが達すると同時に俺もチャンミンの中ではてた。

そして、休む間もなく、後始末を始める。

息もまだ整っていないのに、俺に飛び散ったものをティッシュで拭き、ゴムもはずしていく。

最後は舌ですべての汚れを洗い流すように落としていった。

まだふらつく体を壁に手をかけ支えながら、
「シャワー借ります。」
といい、部屋を出る。

すごく気持ちよくて、あまりに哀しいおまえとの初めてだった。






Android携帯からの投稿
  1. 2014/10/23(木) 08:16:06|
  2. Telephone
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。