チョコチップピコのブログ

二人が好きすぎて、気がついたら、妄想ばかり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夢の中は 12


チャンミンは一旦天使チャンミンの唇を離す。

「ねぇ、舌だして。」

トロンとした瞳の天使チャンミンが言われたとおり、舌をだす。

「ここ舐めて」と、胸の先を指差した。

言われたとおり天使チャンミンは子犬が皿のミルクを飲むようにペロペロと舐めていく。

俺の中のチャンミンがひくついている。

この異常な状態に感じてるらしい。

そして、俺もまた同じだ。

チャンミンの腰を持ち、突き上げた。

「ん、あぁぁ……」

その声に天使チャンミンの瞳は大きくなった。

「ハァ……ユノ……やぁ……」

胸を舐めるのをやめ、その光景に見いっていたのだ。

「だめぇ……みるな……」

複雑なチャンミンの心。

あれだけのことをしときながら、感じてる様を天使チャンミンに見られるのは恥ずかしいらしい。

仕方なく、俺は手をのばし、天使チャンミンの後頭部を掴む。

「へ?」

そのまま、頭を下げ、唇を合わす。

くちゅくちゅ……

口内なのか、繋がってる音なのかわからなくなってきた。

天使チャンミンはキスだけでいきそうなほど、恍惚な顔になっていた。

安心しな。これで天使チャンミンは、おまえを見ないよ。

ほら、いつものように、俺の上で狂えよ。

乱れて、腰をもっと触れよ。

もっと、甘く喘げ……俺だけを感じて……




Android携帯からの投稿
スポンサーサイト
  1. 2014/09/25(木) 01:00:50|
  2. 夢の中は
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢の中は 9


エロチャンミンが俺のズボンを脱がさずあの部分だけだすと、ひゃあーと言いながら、顔に手をあてる天使チャンミン。

ほら、嫌がってるじゃん(´0ノ`*)

と、思ったら、当てた手の指をずらし、しっかり見てる。

C「いい。よく見てて。」

天使C「はい……」

見るんかい!

チャンミンは、ゆっくりと、手を動かす。

そして、天使チャンミンの手を上の方に置く。

C「ほら、おまえも動かせ。」

天使C「あっ、はい。」

またまた、やばい。

二つの手が、俺のを刺激する。

C「どう?気持ちいい?」

聞くなよ~。気持ちいいに決まってるじゃないかぁ。

でも、天使チャンミンが見てるかと思うと、喘ぎ声も出せず、必死に我慢する。

天使C「あれ?痛いですか?」

C「違うよ。我慢してるの。仕方ないな。素直じゃないんだから。」

エロチャンミンは急に顔をあそこにもっていくと、先端の割れ目に舌を這わす。

Y「ばか、やめろ……あ、ああ……」

天使C「チャンミンさん!すごい!ユノヒョン感じてます!」






Android携帯からの投稿
  1. 2014/09/22(月) 00:47:20|
  2. 夢の中は
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢の中は 8

天使チャンミンは舌をうまく合わすことができない。

息をするのも下手だ。

そう、こうだった。

初めてチャンミンとキスをしたとき……。

あのときの記憶が甦ってくる。

あれから、何年たったかな。

今ではすっかりキスだけ俺をその気にさせてくる。

チャンミンをそうさせたのは、俺なのか……。

と、感慨深く、過去のことを回想していると、急に、俺の服の中に手を入れてきた。

胸の先を軽く捻る。

天使チャンミンの唇を離し、

「こら、なにするんだ。」

「だって、教えてあげないと。
ユノヒョンの感じるとこ。」

「そんなこと、教えなくていい。
このうぶなとこが好きなんだから。」

「まるで、今の俺だとダメみたいですね。」

「そうじゃなくて。過去の俺にうぶなチャンミンを手懐ける楽しみを残したい。」

「だから、これは夢なんですよ。
朝になったら、チャンミンも俺たちも忘れてます。」

こんな美味しい状況忘れちゃうのか……。
実に惜しい。

エロチャンミンは、俺の上を脱がす。

「天使チャンミンは右ね。俺は左。
同じようにやるんだよ。」

エロチャンミンは、俺の体を仰向けにし、左の先端を舐め始めた。

同じように、天使チャンミンも恐る恐る舌をだし、軽く舐める。

これ、視覚的にも感覚的にもやばい。

二人のチャンミンが俺を襲ってる状況。

そして、明らかに慣れて音をたてて舐めまくるチャンミンと、ビクビクしながらやっと舐めてるチャンミン。

左右が違いすぎて……これだけで、やばいかも。

そんな俺に気がついたエロチャンミンが、今度は下の方へと手をのばした。




Android携帯からの投稿
  1. 2014/09/21(日) 08:20:04|
  2. 夢の中は
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。