チョコチップピコのブログ

二人が好きすぎて、気がついたら、妄想ばかり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

傷だらけの幸せ 32


まるで、飼いたての子犬のように、僕の体を舐めつくしていく。

やだといっても話さず、必要以上に長く長く……。

自然と熱もそこへ集中していき、ゆるくかかれただけでも、吐き出したい欲求にかられた。

「もう、いいよ。早くきて。」

ユノは、僕の熱をいつも以上に長く貪るから、口内に放出してしまった。

「ご……ごめん……離さないから。」

ユノは嬉しそうに微笑むと、再び出したばかりのそこをくわえた。

「やぁ……やめて……」

感じやすくなってるそこは、すぐに力をます。

どんなに、頭を離そうとしても、どいてくれない。

「ねぇ……はぁ……もう……だめってば……。」

ユノと一緒にいきたいのに。

さっき出したばかりなのに、僕の体はまた、熱を吐き出したがってる。

「だめ……だめだよ……。」

口だけでなく、手でもかかれたら、もう頭の中は真っ白だ。

「やめて……はぁ……あっ、ああぁぁ……」

再び、ユノの口内に。

「はぁ、はぁ……ばか……口から……はぁ……だしなよ。」

「もう飲んだ。」

「変態。」

ユノは、にやっと微笑むと今度は僕を抱き上げ、浴室にいく。

「順番逆なのに。」

「いいの。」

浴室の縁に座られ、丁寧に体を洗っていく。

まだ敏感な体は、触られるだけで、声がでそうだ。

「自分でやるから。」

「俺がやりたいの!」

体だけじゃない。

髪もそして、顔までも丁寧に丁寧に洗っていく。

「どうしたの?」

「ううん。チャンミンは本当に綺麗だ。」

「今頃気がついたか~。」

「知ってたよ。でも、今日はすみずみまでみたんだ。黒子の場所も、そう毛穴まで。」

「やめてよ。」

「どんなとこもすべて、おまえなんだよな。」

「意味がわからない。酔ってないよね?」

「おまえに酔ってる。」

「臭い台詞!」



スポンサーサイト
  1. 2015/06/25(木) 10:35:43|
  2. 傷だらけの幸せ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

傷だらけの幸せ 19


やっと終わり、いつも以上に疲れた体を休ませるために仮眠室に入る。

倒れ混むようにベッドに横になると

「いて!」

「えっ?うそ?」

布団をめくると、ユノが顔をだした。

「何してるの?こんなとこで。」

「おまえが帰るの待ってたら寝ちゃった、あは!」

「あは、じゃねぇよ。なんで帰らないかな。」

「決まってんだろう。続き。」

「ば、ばかじゃないのか?こんなとこで続きできるかよ!」

「大丈夫。」

「誰かきたら、どうするんだ?」

「そのときは、俺が隠れるから。」

逃げようとする体を後ろから抱き締められる。

力では敵わないし、それより、疲れて力が入らない。

抵抗むなしく、俺の後ろについたまま、再び、ベルトははずされ、外気に触れさせられた。

「ばか、やめろ!」

「大丈夫。ちゃんとつけてするから。」

「関係ない。」

「後始末しなくてすむだろう?」

「だ、め……うあ……」

いきなりかよ。

「やっぱり、いきなりは無理かな。」

いったん、抜くと指でそこをならされる。

もう、僕の好きなとこはすぐに探し当てられる。

「は、は、あ……」

「ばか、声出すな。」

手で口を押さえた。

「そろそろいいかな?」

「だめ……や……あ……んん……」

何を言っても今さら止まるわけもなく、僕もこんなところでの行為に興奮して、いつも以上に感じてしまう。

「うっ……は、は、あ、ん……やぁ……」

「すごいな……いつも以上にしまってるかも……うっ……」

「は、はぁ、はぁ……もう…うっ……だめ……」

その瞬間、俺のは根本をもたれ、行き場を失い、ユノの波だけ感じる。

「うっ……いく……」

最悪だ。なんで、邪魔するんだ。

「はあ、はあ……やっぱりおまえ最高。」

おまえは最悪だぁ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。




Android携帯からの投稿
  1. 2014/08/23(土) 10:17:34|
  2. 傷だらけの幸せ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

傷だらけの幸せ 18


「ちょ、ここ、職場だからだめだよ。」

「わかってるって。」

「全然わかってないじゃないか!」

「だから、大きな声だすなよ。」

「意味が違うって。」

ユノさんは、両手を押さえつけると、僕の口を唇で塞ぐ。

「うっ…んん……や……」

くちゅくちゅと生々しいキスの音が耳につくと、嫌でも体は反応してしまう。

そして、唇はやがて、僕の首を舐め回す。

「あっ……」

つい、声が漏れてしまい、慌てて口を手で塞いだ。

そして、手は、ベルトを緩め始めた。

「だめだって。」小声で言うと

「その言い方そそるな。」

と、全然聞いてくれない。

そして、侵入した手は僕のものを掴み、動かし始めた。

やばい、こんなとこでやるわけにはいかない。

だが、ユノは僕のを取り出すと口に含んだ。

慌ててそばにあった枕で顔を隠す。

声が漏れないようにするために。

ユノがしゃぶる音が聞こえるともう気持ちを抑えることなんかできない。

そのときだ。

ドアをノックする音がした。

「先生、いますか?急患です。」

「い、今…いくから。…うっ……あ……」

我慢できず、ユノの口内に出してしまう。

「もう……」

「ちぇ、俺はお預けかよ。」

「ばか……」

全く、盛りのついた犬かよ。


Android携帯からの投稿
  1. 2014/08/23(土) 10:11:32|
  2. 傷だらけの幸せ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

傷だらけの幸せ 14

「チャンミン、、、力抜け。」

「む、無理、、、」

「深呼吸して。」

「ふっ、、、うっ、、、」

息を吐く瞬間にするすると入ってくる。

「ほら、そんなに閉めるな。」

「だって、、、」

「チャンミン、俺を見ろ。」

見ろって言われても、、、固く閉じた瞼をゆっくりと開けると、優しく微笑むユノさんがいた。

そして、わずかに開いた唇が僕の唇を啄む。

可愛いキス。

つい、強張ってた僕の顔がゆるむ。

そのキスはどんどん深くなる。

それと同時に指の深い所への侵入を許す。

だが、それがあるとこに触れた途端、まるで、電気が走るように、、、

「あっ、、、」

「もしかして、ここ?」

「い、や、、、」

嬉しそうにニコッと微笑むと、何度もそこを刺激するんだけど、体が初めての感覚に耐えられなくて、自分じゃない声が口からでてしまうんだ。

「あっ、、、ん、あ、あ、、、や、あ、、、」

「すごいチャンミン。ここだけで、溢れてきた。」

そんなこと説明するな。

指が引き抜かれ、比べ物にならない大きさが、ゆっくりと割りいってくると、怖くなってユノさんにしがみついた。

「大丈夫だから。」

「だ、だ、大丈夫じゃ、、、ない、、、わあああ、、、」

圧倒的な質量に体が壊れそうだ。

「い、たい、、、」

泣きたくなくても涙がでてくる。

「ごめん。ごめんな、、、」

謝ってるくせに腰はゆっくりと抽挿を繰り返す。

「うっ、、、あ、あ、ん、、、うっ、、、あ、ん、、、」

「ここか?さっきのとこ。」

「そ、こ、、、」

また、不思議な波がおしよせてきて、もう声を我慢することもできず、喘ぎ続けた。

「俺も、そろそろ、我慢できない。ごめん。」

激しく腰を打ち付けてきて、どんどんユノさんが霞んでくる。




Android携帯からの投稿
  1. 2014/08/21(木) 06:55:41|
  2. 傷だらけの幸せ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。