チョコチップピコのブログ

二人が好きすぎて、気がついたら、妄想ばかり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初めにここをお読み下さい

こんにちわ、チョコチップと申します。

アメブロでは、飛ばされてしまう記事をここに移しました。

こちらは、18禁を含むBL、妄想小説になっております。

あくまでも、個人の妄想であり、本人とは、一切関係ございません。

18禁の要素を含むため、18才以下の方お断り致します。

また、BLの要素を含むため、合わない方は今すぐ、ご退出くださいませ。
スポンサーサイト
  1. 2016/09/24(土) 20:19:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

消えた記憶 11



見るなと言われても、俺の視界にはチャンミンしか入らなくて。

息を切らしながら、おそらく、解しているチャンミンを不思議な気持ちでみていた。

もし、チャンミンが言ったとおり、俺がチャンミンと寝たことあるなら、チャンミンを抱けばこのもやもやとした気持ちが消えるかと思ったんだ。

チャンミンは、起き上がってた俺の肩を押し倒す。

その力は間違えなく男で、頬を赤らめながらも力強く俺を見つめる強い目は、シム・チャンミンに違いないのに、萎えることなく、立ち上がったそこに、チャンミンはゆっくりと腰をおろしていった。

「うっ……。」

「痛いなら、無理するな。」

だが、チャンミンは唇を噛み締めると、さらに深く俺を飲み込んでいく。

女とは違う締め付けに、すぐにでも、いきそうだ。

「はぁ……はぁ……大丈夫?」

俺より、よっぽど苦しそうなのに、不安そうな目で俺の心配をする。

「ああ。やばいほど、気持ちいい。」

それを聞いて、チャンミンはにっこりと微笑んだ。

こんな顔もするんだ。

俺はどんどん、チャンミンにひかれていく自分が怖かった。

それでも、チャンミンが動けば、あまりの快感に、何も考えることなく、熱は集中していく。

もう我慢できなくて、逆にチャンミンを倒した。

その瞬間、チャンミンの中から抜けてしまったが、一度火のついた花火が消えることないように、俺はチャンミンの中へと入り、激しく打ち付ける。

吐息と、汗と、打ち付ける音と。

今までセックスと何も変わらないのに、今までのとはまるで違う。

俺は我慢できず、最後の瞬間を迎え、チャンミンの中に出し尽くす。

「はぁ……はぁ……ごめん。」

「はぁはぁはぁ……。」声もでないのか、ただ首を横にふる。

その度に、涙が落ちていった。


  1. 2016/01/11(月) 21:16:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

消えた記憶 10



チャンミンは少しずつさがり、ズボンに手をかけた。

「な、何をする?」

「ユノさんがして欲しいこと。」

「俺が?」

「苦しいでしょ?だしていいよ。」

チャンミンの手を止めようとしながらも、強くは拒めなかった。

その先を知りたい自分がいたから。

チャンミンは俺のものをそっと触れるとそこに愛おしそうに唇を近づけた。

「お、おい、やめろよ。」

「女性にされたことあるよね。」

「あ、ああ。」

「僕だと思わなければいい。」

「あっ……。」

一気に口内に含まれ、すでに高ぶっていたそれが、さらにはち切れそうになっていく。

頭ではやめてほしくても、体はチャンミンを欲していた。

同姓だから、それとも過去の俺を知り尽くしているからか、今まで記憶にあるものより、ずっと官能的で、すぐに、吐き出したくてたまらなくなる。

「お、おい。もう、やばいって。」

チャンミンの頭に手をかけて、それをとめようとしたが、その動きは激しくなり、我慢できず、口内へと出してしまった。

「ご、ごめん。平気か?」

満足げな顔を見せると、にっこりと微笑んだ。

「平気だよ。してたことだもん。」

だが、チャンミンはそれだけにとどまらなかった。

目の前で自慰行為を始めたのだ。

だが、俺が知る自慰行為でなかった。

「そ、それは?」

「お願い……恥ずかしいから……目を、閉じていて。」

頬を赤らめたチャンミンはとてつもない色香を放っていた。

  1. 2016/01/07(木) 07:36:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

kiss in the heaven



「何だよ、こんな朝早く。」

「今まで、撮影だった。」

「大変だね。って、勝手に、中にはいるなよ。」

「疲れた。ここで寝る。」

いきなり朝方、俺のベッドに潜り込むユノ。

「体冷たいね。」

暑くなってきたとはいえ、まだ夜は冷える。

「今日、キスシーンだったから、最高のシーンにしたくて、何度も撮り直した。」

「そんな報告いらん。」

「役に入り込みたいのに、キスの度におまえを思い出すんだよ。」

「気にしませんよ。別に仕事ですから。」

いきなり、顔を挟まれ、唇がおりてくる。

でも、今日はしたくない。

何度も、逃れようと、顔を動かす。

「なんだよ。したくないのか?」

「香水の香りがうつってる。」

「この香水の香り……おまえの嫌いな香水だっけ?」

「うん、だから、近寄るな。」

そんな言葉はおかまいなしに、キスはあちこちに降りてくる。

「ちょっ、やめろよ。まだ、朝だぞ。」

「抜いてからじゃなきゃ、寝れそうにない。」

「他のやつとキスしたのに、俺で抜こうなんて最低だな。」

「なんだ、やきもちか?この香水の香りも前俺が付き合ってた女と同じだからだろう?」

「ああ、最低。あのときも、つきあってたくせに、俺を抱いてた。」

「あれ、信じた?」

「え?」

「そんなやついるわけないだろう。おまえを、俺に振り向かせる作戦。」

「どうして、そんな真似を?」

「おまえは素直じゃないから。ほら、体がしたくなってる。他の女の匂いをおまえで消し去れよ。」

強引なやつ。

そして、ユノの言う通り。

俺は、ユノの上で自分から狂ったように腰をふる。

顎はあがり、何度も押し寄せる波に体を預けた。

限界でユノの胸に倒れこもうとすると、さらに下から突き上げられ、もう数えきれないくらいのオーガニ⚪ムを迎え、透明な愛⚪しか流れない。

俺の中も、何度か放たれた密が、打ち込む度に、漏れ出て、流れていく。

愛しても愛しても、愛し足りなくて……。

愛されても愛されても、もっとほしくなる。

まわりが白くぼやけてくる。

意識が遠退く中、唇を塞がれた。

愛してるという言葉とともに。
  1. 2015/05/17(日) 04:53:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンブラン 20


「ハァ……ハァ……ハァ……ンン……ねぇ、やめて。」

いつの間にか、外気に触れたそこは、熱い口内をいったり来たり。

「やめていいの?もうここは、やめてほしくなさそうだけど。」

手で扱かれながら、先の割れ目に舌が這う。

「もう、こんなにも溢れてるのに、やめたい?」

いきそうなのに……意地悪だ。

「どうする?やめてもいいよ。」

根元を押さえられる。

「ああ……やめないで……」

結局は僕は、意思が弱い。

ユノに翻弄されてばかり。

プラモデルの手はとまり、熱が集中するそこに、全ての神経が集まるようだ。

椅子からずり落ちそうになるくらい、前にきている。

「やっぱり、やめた。」

「えっ?」

ユノは僕から離れる。

熱を出したい僕は途方にくれてしまう。

ユノは本当に部屋を出ていってしまった。

「なんだよ。もう……。」

情けないけど、このままでは、苦しくて……。

こんなとこでしたくないのに……。

自分で扱くなんて、いつ以来だろう。

いつもユノが満足させてくれるそこは、僕の手では物足りない。

ユノじゃなきゃ。

僕はユノに突き上げられるときを想像していた。

ユノの腰の動きに耐えられなくて、恥ずかしいほど声をだしてしまうんだ。

そのとき、すでに僕は声を漏らしていた。

あと少しのところで、ドアが開く。

「一人で遊んでるの?」

恥ずかしくて、慌てて隠そうとしたくても、さっきユノがずり下げたずぼんは、足首のところで止まっている。

「見るなよ。」

「なあ、一人でするの楽しい?」

「嫌に決まってるだろう……ユノじゃなきゃ……」

ユノは僕に近づき、唇を合わせた。

激しいキスは唾液が口許から溢れるほど。

やっと離されると、

「これをとりにいってたの。この部屋にはないだろう?」と、ボディーローションを見せられる。

「どうする?一人でするのと、俺と遊ぶのと。」

「して……ユノとしたい。」

僕を椅子からたたせると、そこにユノがすわった。

僕はユノを跨ぐように座る。

たっぷりとローションを臀部に垂らすと、すべりをよくした指がはいってくる。

「んぁぁぁ……」

我慢できずに、高い声が漏れる。

「いいな。その声。」

指で掻き乱されるたびに、あり得ない声が僕の口から漏れてくる。

「なあ、一人より二人の方がいいだろう?」

「う、うん、あ、あ、ぁぁぁ……やぁ……」

指は増やされ、僕の先端からだらしなく白濁が漏れだした。

「俺も我慢の限界だ。」

ユノは、熱が集中し、筋ばった大きなものを取りだすと、僕の秘部に当てた。

「繋がりたい?」

「うん、入れて……入れて、ああああ……」

圧倒的な質量が体の中に割り入ってくる。

軋むほど痛み。

だが、すぐに快感へと変わっていく。









※ここまで……すみません。お目汚しで。

ああ、下手くそだ

  1. 2015/01/20(火) 00:29:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。